忍者ブログ
[198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

去る4/17日曜日はたいへん良い天気に恵まれ、素晴らしい青空の下、子供たちを交えてとても楽しいライブドローイングが行えました。
今回のイベントは多摩川の河川敷で毎月第一日曜日に開催されている「せたがや水辺の楽校」の開校式でした。

水辺の楽校プロジェクト」は「21世紀を担う子どもたちのために、身近な自然空間である川を、遊びの場や自然体験・学習の場として活用することで、自然を肌で感じながら、子どもたちの健全な成長を育む場を提供します。」という1996年に国が策定した事業計画です。

僕らが子どもの頃に比べると、いまの子どもたちは自然に触れ合う機会がとても少なくなっているようですが、当日集まってくれた子どもたちの瞳は、今も昔も変わらずみんなキラキラと輝いていました。

澄んだ青空と、暖かい太陽と、若葉が眩しい草木と、爽やかな風、、最高のロケーションのなか、僕ら4人と子どもたちによる「水墨画ライブドローイング&ミュージックセッション」は賑やかに始まったのでしたw


当日は大人と子ども会わせて全部で90人くらい集まりました。
先ずは「2011年度 せたがや水辺の学校」の開校式の挨拶があり、いよいよ僕らの出番です。

http://file.gleamix.99ing.net/01-2.jpg

(写真中段:コウ・ダジ・オサム・ウラ)

今回の水墨画ドローイングは3枚のパネルを使用しました。
初めの25分で2枚のパネルに絵を描いたあと、さらに一枚追加して、子どもたちにお花畑を描いてもらうという流れです。
子どもたちはとても自由にノビノビと描いてくれました。

http://file.gleamix.99ing.net/04.jpg

太鼓や竹をたたいてリズムを刻む演奏体験も、みんなとても上手でした。
そして、最後に僕が絵の仕上げをする段階では、子どもたちみんなで演奏してもらって、僕ら4人と子どもたち、そして会場の皆さんも一つになって盛り上がることが出来ました。

http://file.gleamix.99ing.net/05.jpg

この素晴らしい一時はまさに夢のようでしたが、その後もとても幸せな余韻に浸りつつ木陰でお弁当を食べたりと、みな楽しく過ごしました。

最後にみんなで記念撮影 「たいへんよくできました!」

http://file.gleamix.99ing.net/02.jpg

今回の「せたがや水辺の楽校」の関係者の皆様にはたいへん良くしていただき、本当にお世話になりました。以前から「子どもたちと一緒になにか出来たら良いね」とメンバー同士でよく話していたので、この素晴らしい開校式に参加させて頂き、本当に夢が叶ったような心地でした。ありがとうございました。この場を借りて心よりお礼申し上げます。

今後もこのような活動を不定期に続けていきますので、イベントのお誘い等ございましたら、どうぞお気軽にご連絡いただけましたら幸いです。

03.jpg

今回描いた作品「水辺」
遠くにあるのは二子玉川駅近くのビルです。
手前の元気なお花畑は全部子供たちが描きました。天才kidsに拍手!w

せたがや水辺の楽校

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
trackback
Search for Gleamix document
忍者ブログ [PR]